2016/01/20

鎌倉女子大学進学者対象高3特別講座  生物 ~微生物を知る~

すでに本学への進学が決定している高等部3年生に向けて、1月12日~1月31日にかけて短期講座が組み込まれています。その中で、管理栄養学科・家政保健学科へ進学する生徒を対象に、生物の時間では、“手指スタンプ”という細菌が育つための栄養素が詰まった寒天培地を使って、自分達の手指から細菌を培養する実験を行いました。

細菌は、大きさが1~10μmととても小さく、肉眼では捉えることができません。そのため、培養をすることによって細菌を意図的に増殖させることにより、コロニーと呼ばれる細菌の塊が形成され、肉眼で細菌の存在を知ることができます。
生徒達には、手を洗う前と洗った後にそれぞれスタンプをしてもらい、1週間様子を観察しました。はじめは何もないところから、日に日にコロニーができあがる様子が目で確認できたことに、驚きと日頃の手洗いの大切さに改めて気づいたようでした。

sDSCN3428.jpg

スタンプをする前の様子 

sDSCN3427.jpg

スタンプしてから1週間経過したときの様子