2016/04/15

講堂朝礼 - 部長講話「アスリート(スポーツ選手)の語学力について」-

4月14日(木)、鎌倉女子大学中・高等部全校の今年度最初の講堂朝礼が行われました。

中・高等部1年生もオリエンテーションなどの研修もひと段落して、これからの学園生活に一層の期待と希望が膨らむ時期だと思います。

今回は、「アスリートの語学力」をテーマに部長(校長)の志摩先生よりお話がありました。

「サッカー選手には語学力に優れた人が多い、日本代表のゴールキーパー川島選手は、英語、イタリア語、フランス語など5か国語が話せ、語学に関する本も書いています。サッカーはチームメイトとのコミュニケーションが重要で、他の選手と会話ができないとボールが回ってきません。仕事ができないのです。一方でアメリカのメジャーリーグで活躍する日本人野球選手の中に、現地メディアとの会見において英語で答える人はあまり多くありません。野球は攻撃と守備に分かれるし、自分のポジションもはっきり守備範囲が決まっています。サッカーと違い、語学力不足が直接仕事に関係することがあまり無いのです。日本人のサッカー選手が野球選手より語学に優れているのではなく、選手たちが身をおく環境の違いがその差を生むと思います。皆さんもサッカー選手と同じような環境となる語学研修に参加するなどして、積極的に英語学習に取り組んでください。」

本校では夏休み期間中に、オーストラリアのブリスベンにある女子校において、10日間の語学研修を昨年より実施しております。英語に対する親近感向上と、異文化理解に大いに貢献する研修制度です。

本日は部長講話に引き続き、「第18回算額をつくろうコンクール」において奨励賞の受賞者、英検5級で「満点賞」を獲得した中等部生、また英検での「優秀団体賞」などの各表彰式が行われ、語学研修に関する説明も行われました。

sDSCN7479.jpg

部長(校長)志摩先生の講話

sDSCN7491.jpg

「第18回  算額をつくろうコンクール奨励賞」表彰

sDSCN7494.jpg

英検「満点賞」表彰

sDSCN7496.jpg

英検「優秀団体賞」表彰

sDSCN7518.jpg

sDSCN7499.jpg

夏季オーストラリア語学研修について

 

中等部受験の皆さまへ。
4月23日(土)の「学校説明会」で、新入生の宿泊オリエンテーションについて報告します。
ぜひ学校にいらしてください。詳しくは以下のバナーをクリックしてください。

0407-1.png