2019/01/12

KBP講演会

 

本校では学年縦断型総合学習「Kamakura Beyond ProjectKBP)」を行っています。KBPは一言でいうと、「学校内に会社を起業しよう」という活動で3年目になります。会社は「利潤追求」だけでなく、「社会貢献」を目的に、現在7つのカンパニーが生徒を中心に組織運営されています。

110日は、今後の会社運営にあたり、改めて社会における企業の存在意義を確認する機会として、株式会社ライズサーチの代表取締役内田奈津子さんをお招きして、「企業と社会貢献」をテーマに講演していただきました。内田さんは、鎌倉女子大学中・高等部の卒業生で、卒業後イタリア留学などを経て、現在は若手のクラシック音楽家を支えるお仕事を中心に活躍しています。

講演の内容は、ご自身が起業するきっかけから、クラシック音楽業界の現状、そして会社を経営するとはどういうことかというお話でした。内田さんは「小さな活動にも社会を変える力がある」という信念を大切にされ、そしてそれを本校の生徒たちにも感じてほしいという気持ちを強く語ってくださいました。「蝶がそよかぜを作り出す」というご自身がプロデュースされたミュージカルの映像を一部見せていただいたことが生徒の心を大きく動かしたようです。

今後もKBPの活動は続いていきますので、定期的にお知らせしたいと思います。

 

KBP.jpg