2019/06/01

中等部2年 理科の日

5月30日(木)、中等部2年生は「理科の日」として、三浦半島にある小網代の森に自然観察に行きました。「理科の日」とは、教室から野外に出て実際に自然に触れる中で“理科の目”を養っていく1日です。

NPO法人小網代野外活動調整会議のガイドの方の案内で、引橋入口から入り、浦の川の流域の生態系の変化を観察しながら、小網代湾まで歩きました。途中えのきテラスでは、ハマカンゾウの苗を植え生態系の保全に協力しました。干潟ではチゴガニのダンスを観察し、アカテガニ広場では、NPO法人の代表理事で慶應義塾大学名誉教授の岸由二先生から,小網代の森のシンボル的存在であるアカテガニを観察しながら、アカテガニの生態について説明を聞きました。

5月のさわやかな陽気の中、森と湿地と干潟と湾とを川が結んだ流域がまるごと残された、貴重な自然を散策でき、生徒たちは多くのことが学べた1日になりました。

P5301308小.jpg 

P5301332小.jpg

P5301337小.jpg