中等部・高等部 部長挨拶

「なりたい自分」をみつけることができる学校

アメリカの哲学者ウィリアム・ジェームズ氏は、「人間には、その人がなりたいと思うようになる性質がある。」と言っています。本校は、落ち着いた教育環境と多彩な教育内容によって、生徒が「なりたい自分」をしっかりと思い描くことができる学校です。
まず、「豊かな人間性」を身に付けることができます。芸術や日本の文化にふれることで感性を磨きます。さらに、相互に認め合うような楽しい活動を通して、人間関係を築くための態度を身に付けます。他ではなかなか体験できないプログラムです。
次に、「確かな学力」を身に付けることができます。アクティブラーニングによる授業や学習習慣の定着により、学力を向上させます。学力を高めていくことで、自分の可能性、将来の選択肢を広げることができます。
そして、国際社会で活躍するために必要な「グローバル人材としての能力」を身に付けることができます。本校独自の英語教育プログラム(鎌倉FITS)を通して、語学力とコミュニケーション能力を高め、「使える英語」を目指します。さらに、世界の課題を知り、行動することで、グローバルな見方・考え方や課題解決力を身に付けていきます。
このように新しいことを学んでいるうちに、生徒は成長し、「なりたい自分」をみつけていくことになります。それが本校で学ぶ意味でもあります。これからも「なりたい自分」をみつけ、向上心をもって努力する生徒を学校全体で支援していきます。

中・高等部 部長 小藤 俊樹

トップ > 学校概要 > 中等部・高等部 部長挨拶