適性検査型入試(Poditテスト)

可能性発見型テスト(Potential Discovery Test = Podit テスト)

文章読解や数理的問題に対する、判断力、表現力をみることで、
受験生の可能性を発見するテストです。

鎌倉女子大学中等部の適性検査型入試

区分 内容
適性検査I
(45分)
4コマまんがと、それに関係のある文章を読み、読み取った内容をふまえて自分の考えや感じたことを論理的に文章で表現する力などをみる。
適性検査II
(45分)
小学校などで学習した内容をもとにして、数理的な思考力・表現力をみる。
面接
(15分程度)
適性検査Iと適性検査IIで答えた内容について、自分の言葉で説明する。

適性検査型入試対策講座を実施します 要予約

12/8 (土)1/12 (土)の2日間、「適性検査型入試対策講座 」を実施します。参加は受験生のみで、時間はいずれも10:00~11:00の60分間です。予約につきましては、以下のバナーをクリックしてください。

  • 適性検査型入試(Poditテスト) 対策講座申込

提出書類について

小学校の成績表コピー(小学6年生の2学期または前期のもの)
郵送提出(1/29当日消印有効)または窓口提出(日曜・祝日のぞく)

トップ > 中等部受験生のみなさま > 入試情報 > 適性検査型入試(Poditテスト)